1. HOME
  2. NEWS
  3. 独法化で私たちの給料はどうなるのか?[その4]

NEWS

支部ニュース

独法化で私たちの給料はどうなるのか?[その4]

チーム医療を破壊する成果主義賃金 60万を超える年収差!

昇任すれば昇給するというけど、ポスト数は不明!


左の図は「原案」52P の「給与カーブのイメージ」です。
この給与カーブには以下のような重要な問題点があります。
1.主事・主任のままでは昇給しない。
グラフでは主事は40歳手前で、主任は約40歳で昇給が止まります。以降は承認しない限り1円も昇給が無くなります。
2.主任・係長級のポスト数が不明
現在は試験に合格すれば主任には昇給できます。しかし新法人では主任や係長級のポストの数は不明です。「昇任へのモチベーション」は高くなるかもしれませんが、ポストがなければ昇任も、昇給もありません。
3.強化される成果主義
昇給停止になってもボーナスで大きな差をつけようとしています。主事・主任では中位と最上位の差は32.3万。夏冬2回のボーナスですから64.6万円にもなります。

(PDF)はコチラ

支部ニュース59-40号

最新記事

病院支部公式Twitter

都庁職 病院支部公式LINE@

友だち追加